ウェブサイトとメールアドレスのドメインを一致させたいなら独自ドメイン

独自ドメインは必ず必要というわけではない

ホームページやブログを始めるにあたって、独自ドメインは用意してもしなくても、どちらでもいいものです。というのは、レンタルサーバーやレンタルブログでは、利用者がドメインを用意しなくても簡単にサイトを開設できるように、サブドメインを提供していることが多いからです。
ただ、レンタルサーバーやレンタルブログで提供されているサブドメインでは、ウェブサイトのドメインと利用するメールアドレスのドメインを一致させられないかもしれません。
大手企業では公式サイトのドメインと、社員が利用しているメールアドレスのドメインが一致していることがほとんどですが、そういう形にしたいのであれば独自ドメインを取得した方がいいでしょう。

会社のサイトで利用したいなら企業専用のドメインを

独自ドメインの取得は簡単で、手元にクレジットカードがあれば即日取得して、そのドメインですぐにサイトを立ち上げることも可能です。ただ、ドメインは人が既に利用しているものを取得できないという原則があるため、欲しいドメインが利用中であった場合、別のドメインを考えないといけません。
また、ドメインは種類によって利用料金が変わってきたり、あるいは社会での認知度も違うので、適切な種類を選ぶ必要があります。企業専用のドメインも存在するため、会社で使うドメインを探しているのであれば、個人でも利用できる種類のものよりも企業専用のものを選んだ方が信用度が高まるでしょう。
それと、ドメインは原則として一年ごとに更新しないと所有し続けることができません。これを忘れると、別の人や会社に使っていたドメインを取られてしまうことがあるので注意しましょう。

レンタルサーバーとは、サーバーを貸し出すサービスです。ホームページの公開や、独自のメールアドレスの設定などが出来ます。