水没したけど大丈夫!?スマホの修理方法を知る

まずは落ち着いて行動しよう

スマホは今の時代はなくてはならない大切なツールとなっていますが、やはり機械ということもあり故障のリスクはあります。
不注意で故障させてしまうことも少なくありませんが、特に多いトラブルとしては水没があげられます。大切なスマホが水の中に落ちてしまうと焦ってしまいますが、焦らず落ち着いて行動することが大事です。
まず、電源が入ったままの場合は、電源を落とします。電源が入ったままだと基盤がショートしてしまう可能性がありますので、速やかに電源を切り可能であれば電池パックも取り外し乾燥させます。乾かす際は直射日光に触れないよう注意しましょう。
ドライヤーなら早く乾くイメージもありますが、基盤が熱で変形してしまう可能性もありますので使わないようにします。
水を出そうとして本体を振ってしまうことも、濡れていなかった部分まで被害を広げる場合もありますので、むやみに動かすことも避けた方が無難です。

バックアップを取っておくことがおすすめ

水没したスマホが乾いたら、直ぐにでも電源を入れて起動できるかどうかを確認したいですが、表面は乾いていても内部はまだ水が残っている可能性がありますので、内部までしっかりと乾いたのを確かめてから電源を入れるようにします。
電源が入り、通常通り操作ができればひとまず安心ですが、一度水没したスマホはいつトラブルが起きるかわかりませんので、起動できたら、大切なデータは速やかにバックアップを取っておくことがおすすめです。
そして電源を入れることに自信がない場合は無理をせず修理に出すことがおすすめです。修理に出す際もデータが消えてしまわないか、残すことができるかはしっかりと確認しておきましょう。

スマホは精密機械である事から突然故障する可能性がありますが、その際に安心出来るのがスマホ修理を承っている業者であり、早い場合は受付当日に対応してもらえる事もあります。